ホーム 環境 環境調査 水域調査
環境

水域調査

水圏の物理・化学環境、生物環境、漁場環境などの各分野にわたる技術と経験を活かし、幅広く、かつ精度の高い調査、分析を行います。環境総合テクノスは、各種臨海プラント周辺海域のモニタリング調査から利水ダムのモニタリング調査に至るまで豊富な実績を持っています。

海域調査

海域調査

事業実施前の海域の現況把握、臨海プラントの工事中影響や完成後の施設稼動による影響など、各シーンにわたる調査、解析を行ないます。

物理、化学調査

沿岸・海底地形調査、海域の流れの状況調査、波浪調査、水温・塩分調査による水塊構造の把握調査、水質調査、底質調査、海水温マッピング等の衛星画像解析(リモートセンシング)、漂着ゴミの分布調査

生物調査

動植物プランクトン調査、魚卵・稚仔調査、潮間帯調査、海藻草類分布調査、 魚類等の遊泳動物調査、藻場・干潟調査、遡河性・降海性魚類調査

河川・湖沼調査

海域調査

河川・湖沼環境の実態調査、工事に伴う環境調査・解析・評価、水の管理・利用のための各種調査、解析を行ないます。

河川水辺の国勢調査、河川形態調査、河川水質調査、濁水調査、工事中の影響監視調査、アユ等の漁場環境調査、天然湖・人工湖の富栄養化調査、アオコの発生原因調査、外来魚対策、環境学習教育(小学校等の環境学習教育のお手伝いをしています。)

放射性物質モニタリング調査

海域調査

福島第一発電所の事故により放出された放射性物質の水環境中の挙動や水生生物への影響についてモニタリング調査により評価します。

Contacts

環境部
TEL:06-6263-7310
FAX:06-6263-7313
お問い合わせフォーム