ホーム 環境 環境調査 動物調査
環境

動物調査

環境アセスメントに基づく調査やその他自然環境調査での動物の生息状況を把握するため、哺乳類、鳥類、両生・は虫類、昆虫類などの調査を行います。
環境総合テクノスでは、豊富な経験と技術力で各種動物調査を実施するとともに、自然との共生による保全対策もご提案致します。 また、最近問題になっている外来生物対策に関する検討についてもご提案致します。

哺乳類調査

アカネズミ
アカネズミ

哺乳類調査は、目撃法、フィールドサイン法、トラップ法により行います。

  • 目撃法
  • フィールドサイン法
  • トラップ法
調査方法の説明はこちら

鳥類調査

キビタキ
キビタキ

鳥類調査は、ラインセンサス法、ポイントセンサス法(定点記録法)により行います。また、これらの鳥類調査とは別に猛禽類(ワシタカ類)などを対象とした調査を行うこともあります。

  • ラインセンサス法
  • ポイントセンサス法
調査方法の説明はこちら

猛禽類調査

オオタカ育雛
オオタカ育雛

猛禽類調査は、2~3点以上の定点を設定し、双眼鏡や望遠鏡を用いて飛行経路や行動を記録します。営巣地の特定には踏査を行なうこともあります。

両生・は虫類調査

ヒダサンショウウオ
ヒダサンショウウオ

両生・は虫類調査は、沢筋やため池、水溜まりなど両生・は虫類が好む環境を踏査し、目視または捕獲により卵塊、幼生、幼体、成体を確認します。また、カエル類は鳴き声によっても種の判別が可能です。

昆虫類調査

ギフチョウ
ギフチョウ

昆虫類調査は、スィーピング法、ビーティング法、ベイトトラップ法、ライトトラップ法などにより行います。

  • スィーピング法
  • ベイトトラップ法
  • ビーティング法
  • ライトトラップ法
調査方法の説明はこちら

Contacts

環境部
TEL:06-6263-7310
FAX:06-6263-7313
お問い合わせフォーム