ホーム 環境 放射能分析 食品等の放射能分析
環境

食品等の放射能分析

飲料水、食品、農作物等の放射能分析を行います。
放射性セシウム(セシウム-134、セシウム-137)及び放射性ヨウ素(ヨウ素-131)並びにその他のガンマ放射性核種を同時分析します。

分析できるもの

液体または粉体になるものなら測定可能です。

測定物 必要量 備考
飲料水、お茶 2リットル*1
牛乳 500ミリリットル*2
乳児用食品 300グラム*3
野菜類、穀類 300グラム 詳細はご相談下さい
海産物・畜産物 300グラム*4 詳細はご相談下さい
土壌 100グラム 詳細はご相談下さい
工業製品 100~300グラム*5 詳細はご相談下さい
  • *1 飲料水、お茶 2リットル
    2リットルのポリエチレン瓶等に試料水を口元まで入れてください。
    適切な容器がないときは当社から送付させていただくことも可能です。
    検出下限は、放射性セシウム及び放射性ヨウ素共に概ね1Bq/kg(Bq/リットル)です。
  • *2 牛乳、低脂肪乳、加工乳、乳飲料 500グラム
    500ミリリットルのポリエチレン瓶等に試料水を口元まで入れてください。
    適切な容器がないときは当社から送付させていただくことも可能です。
    検出下限は、放射性セシウム及び放射性ヨウ素共に概ね5Bq/kg(Bq/リットル)です。
  • *3 乳幼児用食品 100グラム
    概ね握りこぶし程度の量があれば十分です。
    チャック付きビニール袋、タッパーウエア等に入れてください。
    検出下限は、放射性セシウム及び放射性ヨウ素共に概ね10Bq/kgです。
  • *4 海産物・畜産物 300グラム
    概ね握りこぶし程度の量があれば十分です。
    肉類はミンチ状にしてチャック付きビニール袋、タッパーウエア等に入れてください。
    検出下限は、放射性セシウム及び放射性ヨウ素共に概ね10Bq/kgです。
  • *5 工業製品、その他(液体、粉体または粒体) 100グラム
    グラニュー糖程度の粗さに粉砕してください。
    チャック付きビニール袋、タッパーウエア等に入れてください。
    検出下限は、放射性セシウム及び放射性ヨウ素共に概ね10Bq/kgです。

測定方法

ゲルマニウム半導体検出器を用いた分析

  • 厚生労働省 食品中の放射性物質の試験法について
    食品中の放射性セシウム検査法
  • 厚生労働省 緊急時における食品の放射能測定マニュアル
    第2章2 ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法
  • 文部科学省 放射能測定法シリーズ7
    ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー
  • 放射性セシウム(セシウム-134、セシウム-137)及び放射性ヨウ素(ヨウ素-131)を同時分析します。

※NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータを用いた簡易測定ではありません。

納期

試料受取から3営業日以内の速報(お急ぎの場合及び試料数が多いときはご相談下さい。)

価格

お問合せください(件数が多い場合はお値引きいたします。)

お申込みはこちら

分析申込書に必要事項を記載しメール( ri-question@kanso.co.jp )
または、FAX(072-810-6552)に送付してください。

分析申込書ダウンロード

その他

  • 送付はクール宅急便でお願いします。(土壌・工業製品を除く)
  • 試料は分析終了後に返却させていただきます。
  • 英文の分析結果報告書にも対応しています。

Contacts

計測分析所
TEL:072-810-6551
FAX:072-810-6552
お問い合わせフォーム