ホーム 環境 自然環境の保全再生 郷土種保全への取組み
環境

郷土種(地域性種)保全への取組み

現在、復元緑化は地域における生物多様性の保全の観点から、自生木の利用、表土(埋土種子)の利用、緑化対象地付近で採集した種子等から生産された苗木の利用が求められています。当社は植物に対する豊富な知識および緑化技術をもとに、緑の創造に取り組んでいます。
郷土種はその生育環境や種によって、生育特性が大きく異なるため、緑化対象地の動植物の調査を行い、種ごとに様々なデータの蓄積を行っています。

根株移植の事例

自生木の利用

早期に森を形成する手段として、自生木をそのまま移植する方法や、萌芽力の強い樹種の根株を移植する方法があります。これらの手法を用いることによって移植後立派な樹木に成長します。

埋土種子発芽状況

表土の利用

森林の表土には、自然のままに蓄積された多くの種子が含まれています。これら埋土種子を効果的に利用するために様々な方法を検討しています。表土5リットルから100個体以上の苗を得ることも可能です。

高枝切鋏による種子採取

種子の採取

緑化対象地の周辺植生の調査を行い、緑化に用いる植物種を検討します。緑化に用いる種が決定すると、種子の採集時期、採集数、採取する母樹等を調査し、種子の採集を行います。

苗木の生産状況

苗木の生産

植物種ごとの発芽、生育特性を播種試験、育苗試験を行い把握します。現在までに50種以上で発芽、育苗試験を行いました。

Contacts

環境部
TEL:06-6263-7310
FAX:06-6263-7313
お問い合わせフォーム