ホーム 環境 環境アセスメント
環境

環境アセスメント

環境アセスメントとは、開発事業の内容を決めるにあたって、それが環境にどのような影響を及ぼすかについて調査、予測、評価を行い、その結果を公表して国民、地方公共団体などから意見を聴き、それらを踏まえて環境の保全の観点からよりよい事業計画を作り上げていこうという制度です。
環境総合テクノスは、豊富な経験と技術力で、大規模な公共事業から小規模な開発事業まで、あらゆる種類の環境アセスメント又はそれに類する環境影響調査にお応えします。

アセス法、条例に基づくアセスメント

環境影響評価法や地方自治体の環境影響評価条例では、規模が大きく環境に大きな影響を及ぼすおそれのある事業を実施する場合には、環境アセスメントを義務づけています。 環境総合テクノスでは、土地区画整理、住宅団地、土砂採取、リゾート開発等の面的開発や発電所、空港、工場など豊富な実績があります。

詳細はこちら

廃棄物処理法に基づくアセスメント

廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、廃棄物処理施設を設置(変更)する場合には、生活環境影響調査といわれる環境アセスメントに類する調査を義務づけています。 環境総合テクノスでは、廃棄物の焼却施設、破砕施設、リサイクル施設、最終処分場など、豊富な実績があります。

詳細はこちら

大店立地法に基づくアセスメント

大規模小売店舗立地法に基づき、大規模な小売店舗を設置(変更)する場合には、生活環境を保持するための影響調査といわれる環境アセスメントに類する調査を義務づけています。 環境総合テクノスでは、店舗の新規出店、営業時間変更など、豊富な実績があります。

詳細はこちら

その他、個別法等に基づくアセスメント

自然公園法、公有水面埋立法においても、開発事業に対し環境アセスメントに類する調査を義務づけています。 環境総合テクノスでは、自然公園内での面的開発、風力開発、公有水面の埋立など、豊富な実績があります。

詳細はこちら