ホーム What's New 2020年7月27日
企業情報

「関西電力金品受領問題」に係る当社での新たな事実の判明につきまして

表題の件につきましては、大変にお騒がせをし、関係の皆様にもご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

事実関係としましては、元社長に提供された金品は、機会がある都度返却されており、返却を拒まれた分は東日本大地震の義援金として寄付されていたということであります。

関西電力第三者委員会の調査に対しましては、当社として真摯に協力してまいったところであり、調査時に前社長が病気療養中といったやむを得ない事情があったとはいえ、結果的に今回の事実関係の申告に至らなかったことを誠に遺憾に思っております。

当社におきましては、今後とも社員のコンプライアンス意識の一層の浸透に努めてまいる所存ですので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以上